クレジットカードの現金化って何?違法性はあるの?

クレジットカードの現金化って聞いたことありますか?正直ピンとこないところもあると思います。

また簡単にお金が手に入っても違法性があるのかも心配ですよね?ここではクレジットカード現金化について解説していきます。

そもそもクレジットカードの現金化とは?

簡単に言うとクレジットカードのショッピング枠で商品を購入して、その購入した商品を売却して現金を得るという仕組みで、通常その仲介をカード現金化業者が行うというシステムとなっています。

クレジットカードさえあれば、誰でも現金を得る事ができること、即日入金が可能な業者を選べば早く現金を得る事ができるこのクレジットカード現金化ですが、その分リスクも多い現金を得る方法です。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化は一見とても便利そうなシステムですが、あまりおすすめできないデメリットも存在します。

まず、現金換金率が比較的低いです。消費者金融の金利は高くても最大20%となっていますが、カード現金化業者の換金率は75-80%が多いです。実質最大金利の借金を抱えるのと同じ換金率であると言うことを頭に入れておきましょう。

次に、違法性のあるカード現金化業者が多いということ。表記されている換金率は80%と言っていても、実際手元に入ってくるのは40%だったということや、カード番号情報が抜き取られてしまった。

なんてこともあるので、カード現金化業者を選ぶ際には慎重に、多くの人が利用してかつ、住所や電話番号などの会社の情報が明確に出ている会社を選ぶようにしましょう。

クレジットカード現金化は違法なの?

現在の法律では、クレジットカード現金化に関しては明確には法律違反にはなっていません。

というのも、クレジットカードで買い物をして、不要になったのでそれを売ったという解釈をすれば問題はないからです。

しかしながら、クレジットカード会社自体がクレジットカードを利用した現金化を前提とした商品の売買行為を禁止しているため、カードの利用が停止されてしまう事があります。

また、この行為が原因で自己破産ができなくなってしまう可能性があるので、クレジットカードの現金化は出来るだけ避けた方が良い方法である事は間違いありません。

まとめ

クレジットカード現金化について触れてきましたが、現金化には実際たくさんのリスクが伴い、現金が欲しい時にもあまり効率の良い方法ではありません。

まず現金が必要になったら、知人から借りるなり、それができない場合もカードローンなどを利用する方がリスクが少ないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です