クレジットカードの現金化は自分でもできる

お金がどうしても足りないけど、カードローンは限度額まですでに借り入れているということがあります。

そんな時に残された道になるのが、「クレジットカードの現金化」です。

現在はAmazonギフト券買取業者が数多くあります。実は、クレジットカードの現金化は専門業者を利用しなくても、自分一人で行うことができます。

クレジットカードの現金化の方法

自分でクレジットカードの現金化を行うには、以下の手順を踏みます。

  • クレジットカードで換金性の高い商品を購入します。
  • 購入した商品を中古品買取店に売却します。

換金性の高い商品

換金性が高いとは、買取店で購入してもらえる可能性が高く、且つ買取価格が高いということです。
換金性の高い商品の代表は以下の7つです。

  • Amazonギフト券
  • iTunesカード
  • ゲーム機&ゲームソフト
  • ブランド品
  • 家電製品
  • 信販系ギフトカード
  • 新幹線の回数券

各商品を比較すると以下になります。
1)換金率

  • Amazonギフト券:85~95%
  • iTunesカード:70~80%
  • ゲーム機&ゲームソフト:60~85%
  • ブランド品:70~85%
  • 家電製品:65~85%
  • 信販系ギフトカード:85~90%
  • 新幹線の回数券:90~95%

2)売却場所

  • Amazonギフト券:金券ショップ、ギフト券買取サイト
  • iTunesカード:金券ショップ、ギフト券買取サイト
  • ゲーム機&ゲームソフト:ビデオショップ(GEOやTSUTAYAなど)、古本屋(BOOKOFF)
  • ブランド品:質屋
  • 家電製品:家電買取専門店、総合買取店(大黒屋など)
  • 信販系ギフトカード:金券ショップ、総合買取店
  • 新幹線の回数券:金券ショップ、総合買取店

なお、クレジットカードの現金化の場合は、「新幹線の回数券」が換金率90~95%とお得です。ただ、最近は多くの人に利用されたことで、カード会社の監視が厳しくなっており、バレる危険性が高くなっています。

売却場所

購入した商品は、街中の金券ショップや質屋、買取専門店に売却します。ネットオークション(ヤフオク、メルカリなど)でも売却できますが、1週間程度の日数がかかってしまいます。手早く現金化する場合は、街中の店舗を利用した方が賢明です。

まとめ

自分で行うクレジットカードの現金化には、以下のメリットが挙げられます。

  • 高い換金率で現金化が可能
  • 悪徳業者による詐欺の阻止

1)高い換金率で現金化が可能

クレジットカードの現金化を行っている専門業者の平均買取相場は70~80%です。ただ、自分で行う場合は業者のマージンをカットできるため、85~95%の換金率で現金を手にできます。

2)悪徳業者による詐欺の阻止
自分で現金化を行えば、悪徳業者に騙されるなど、トラブルの起きることがありません。

クレジット現金化はどんな時に活用したい?

クレジット現金化を扱う業者は増加傾向にあります。しかし本当にクレジットを購入をしたものを専門の業者に買い取ってもらって現金を得ることが出来るのかと不安を感じる人も少なくありません。

出来ればそのような機会はないほうがいいと思われるかもしれませんが、やはりクレジットを現金化することしか現金を得る方法がないという場合もあるのです。

お金がない、でもクレジットカードはある

手元にはお金がない、銀行に行っても預金がないという場合もあるでしょう。

しかし手元の財布を見ればクレジットカードだけはあるという場合も。そんな時に現金が必要なら、クレジット現金化を考えることもできます。

すぐに現金が必要なとき

それほど現金を手にすることに急がない時には、一生懸命に働いて次のお給料が入ってくるまで待っていることもできます。

しかしその時、その日に現金が必要な時には、どのように現金を用意するべきでしょうか。そんな時にクレジットカード現金化を利用できるのです。

多くの業者では即日融資することもできるとなっているので、急いで現金が必要な時には便利ですね。

誰も保証人がいないとき

お金を借りるという場合には、必ず返さなくてはいけません。業者がお金をとりっぱぐれることがないように保証人を立てる必要があります。しかし誰も保証人になりうる人がいないという場合もありますね。

そんな時、保証人が必要とされないクレジットカードの現金化を利用するといいのです。保証人が必要ないということは、誰にもお願いする必要がない、迷惑をかける必要がないということになるので安心できますね。

クレジットカード現金化は本当にメリットがあるか

保証人がいない、しかし現金はすぐに必要というときには、本当にクレジット現金化でお金を手にすることが出来ると、いろいろな面でメリットがあるかもしれませんね。しかし還元率というものがあるので、よく理解をしておきましょう。

購入したもの全額が現金になるわけではない

品物をクレジットカードで購入、それを全額現金化できるわけではありません。どこのクレジットカード現金化の業者でも還元率というものがあるので、その品物をいくらで買い取ってくれるかは業者によって異なるのです。

そのため実際に現金化されたときに、これだけ?と思ってしまう人もいるので事前に還元率についてよく知っておくことが大切です。

まとめ

ここまでクレジットカード現金化を活用するときについて紹介しました。保証人はいないけれど現金がすぐに必要という場合には活用することが出来そうですね。

ただその時には品物がすべて現金化されるのではなく、還元率というのがあるので注意しましょう。