カードで手軽に現金を

急な出費で今月ピンチ。しかも現金が必要なのに……。

そんなことで困ったことありませんか?

手元にクレジットカードがあれば、それ、解決できますよ!

クレジットカード現金化のやり方

まずは「クレジット 現金化」と検索します。

すると色々なサイトがあると思います。その時その時によって自分が必要な用途に合わせてサイトを探してください。まとめサイトやオススメサイトなどを活用してもいいかもしれません。

その後検索したサイトの手順に沿って申請すれば、最短5?10分で現金が手元にきます。

クレジットカード現金化の諸注意

え、簡単じゃん!と思った方、そう、めちゃくちゃ簡単です。簡単がゆえに落とし穴(?)もありますので気をつけてください。

そもそもグレーゾーン

クレジットの現金化は、違法性こそありません。

買った品物にキャッシュバックがあった。ネットで買い物したら不備があって返金してもらった。チケットを買ったけど予定があって行けなくなったから売った。というような『不足な事態』を行なっているからです。

だからといってやっていいことかと言われるとそれもまた微妙だそうで……。クレジット会社からしたら「そんなことするならうちのキャッシング機能やカードローン使ってよ!」ってなりますでしょうからね(それが出来ないから現金化するのですけども……)

支払い額に余裕があるか

そもそもクレジットの現金化は、ショッピングできるお金の枠を現金にするというもの。つまり前借りするようなものです。

リボ払いや分割払いへ変更するにしても、その枠が空いてなければ一括支払いとなります。となれば翌日の支払い額が相当なものになるかも……!

現金化する際は余裕をもった支払い額にしたり、後々リボ払いや分割払いへ変更したりすることができるか。一度確認をしてから申請するのがベストかもしれませんね。

手数料がある

現金化する際、お店への手数料としていくらか払います。

例えば現金2万円が必要で手数料が17%だった場合、20,000×0.17で3,400円。この分も「ショッピングした」として請求されますから、全部で23,400円翌月支払ってね、となります。

中々厳しいと思われましょうが、向こうも慈善事業でなく商売としてやっていますからこればかりは仕方ないと割り切りましょう。

まとめ

簡単手軽にカードで現金化するには。その際の注意事項。ざっとまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

少しでも疑問や不安を払拭できたなら幸いです。

手軽にできる分少し立ち止まって考える時間がもしかしたら大事かもしれませんね。

よく言われることですが「利用する時は計画的に」使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です